ホーム親愛日記> クリスマス礼拝および祝会

クリスマス礼拝および祝会

2018年12月7日(金)

25日のクリスマスよりも一足早く、親愛幼稚園のクリスマスを迎えました。

クリスマス礼拝および祝会では、子どもたちと保護者の方々とともにイエス様のお誕生をお祝いします。

第1部は、まぶねの礼拝です。年長つき・セーラつき組の子どもたちが礼拝堂でページェント(イエスキリストの生誕劇)をしました。一人ひとりが与えられた役割を立派に成し遂げ、役の子どもたちもしっかりとお言葉を言い、聖歌隊の子どもたちもみんな天使の歌声で歌を歌いました。見ている人が優しい気持ちになるようなページェントとなりました。

第2部は年中・年少組の歌です。たくさんのお客さまの前に立ち、少しドキドキしている子どももいましたが、静かな歌はそっと優しく、また元気な歌は笑顔いっぱいに歌いました。

クリスマス礼拝が終わると、みんな保育室に入り、年長組のお母さま方による「やまあらしぼうやのクリスマス」というペープサートや劇を見せていただきました。

その後、遠くからシャンシャンシャン・・・と鈴の音が聞こえて来たかと思うと、なんと、サンタさんが登場しました!!親愛幼稚園のお友だちのためにサンタの国からプレゼントを持って来てくださり、子どもたちはみんな大喜びでした。

そして手芸サークルさんより『お医者さんごっこ』の手作りおもちゃもいただき、嬉しいがいっぱいの1日となりました。

 帰りには、子どもたちが一人ひとりお心込めて作ったお家の方へのクリスマスプレゼントを持ち帰りました。 みんなのお心が温かく優しい気持ちになった素敵な1日となりました。ご協力いただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。