ホーム親愛日記> 卒園遠足

卒園遠足

2014年2月28日(金)

卒園遠足

年長組41人みんな揃って卒園遠足にでかけました。14㎞という長い道のり。最初から最後まで自分の足で歩けるかな?前日の雨で少し道はぬかるんでいましたが、穏やかな陽気で絶好の遠足日和でした。みんな元気いっぱい幼稚園を出発し、正門を出てすぐの曲がり角を曲がったところで「首切り地蔵のところはまだ~?」「あとどれくらい歩くん?」と無邪気な質問! 前途多難を予想しましたが、その後もずっと楽しいおしゃべりが続きました。

卒園遠足

春日大社参道を過ぎ、飛鳥中学校の手前で長靴に履き替え、そこから先が一番の険しい山道のコース、「滝坂の道」です。「うわぁ!蛇や!」と生きている蛇を見つけて驚いたり、「朝日観音」「夕日観音」を見つけると「ほんまや~!見えた見えた!」と大興奮!

卒園遠足

森の中の神秘的な空気の中、山道を懸命に1列に登って行く子どもたちの後ろ姿は、とても感動的でした。

 卒園遠足

途中丸太を組んだ急な階段があり、先に登った子どもが後ろの友だちや職員に「気を付けや~」「大丈夫か~?登れるか~」と声をかけ、後から登って行く子どもや職員も「おーい!わかった!」「ありがとう!今行くわ~」と答え、優しいやり取りの会話が飛び交いました。

卒園遠足

「もう歩くの飽きた~」「いつまで歩くん?」という弱音も時々聞こえましたが、それでも楽しいおしゃべりは止まることなく、森の中に子どもたちの笑い声が空高くどこまでも響いていました。

卒園遠足

卒園遠足

若草山山頂でおにぎり弁当を食べた後は、はるか下に見渡せる奈良の景色を眺めたり、鬼ごっこをしたり、少しの時間でしたが山の遊びを楽しみました。

 

卒園遠足

卒園遠足

卒園遠足

卒園遠足

卒園遠足

卒園遠足

 

帰りは、また再び幼稚園を目指し歩きます。

卒園遠足

 

各ポイントでスタンプを押してもらい見事14Kmを歩き切り、お家の人が出迎えてくれる中、子どもたちは誇らしげに幼稚園に帰ってきました。疲れたけれどひとまわりもふたまわりも逞しくなり、とても大切なかけがえのない1日になりました。お友だち、みんなよく頑張りましたね。みんなで力を合わせて歩いたこと、一人では難しいこともみんなと一緒なら乗り越えられることを学びましたね。今日はきっと素敵な夢を見ることでしょう。

卒園遠足

卒園遠足